<   2009年 02月 ( 37 )   > この月の画像一覧

c0194233_1421591.jpg

[PR]

c0194233_1391034.jpg

[PR]

c0194233_342172.jpg

[PR]
c0194233_131175.jpg

JR渋谷駅

喧騒に埋もれがちではあるけれど
古いコンクリートと輝くステンレスプレートの組み合わせが美しい
ライムグリーンの文字と茶系の排水溝、締まりのなくなる淡い組み合わせを
黒の矢印が引き締める事も忘れない完璧なコーディネート
ステンの映り込みさえも華を添えるべく積極的に参加している

そんな魅力的な風景
是非 一度ご覧あれ
[PR]
c0194233_2463249.jpg

工事現場には常に惹き付けられる

何故か?
エネルギーの密度が濃いから ではないか
クモの巣や蜂の巣が多大な労力を費やして作られるが為に魅力的である様に
人の巣にも膨大なエネルギーが注ぎ込まれている

そして白いカンバスに第一筆を入れる時の様に、また白紙の原稿用紙に一文字目を書き付ける時の様に
ゼロからイチを生み出す作業にはとてつもない集中力とパワーが必要だ
虫や動物の巣では使われない様々な専用工作機器類の存在も更なるエネルギーの高密度化を加速させる
エコ的な見地からすれば最悪な状況と言えるかもしれないが
そんなエネルギーの集中する場所が魅力的でないはずがないだろう

もう一つは変態の魅力かもしれない
人間の変態ではない 
青虫がチョウチョになる様に、その場の景色が一変する程の劇的な変化が起こる事を
経験的に知っている故に生まれる期待感、わくわく感がある
そしてどんな物ができるのか分からないからこそのわくわく感でもある
何が入っているかが分からないから期待感を持って福袋を買うのと同様、
何ができるのか分からないが巨大な何かが作られている時間は常に魅力的だ

映画のメイキング映像やコンサートの舞台裏の映像がおもしろいのは
下手をすると本編よりも濃いエネルギーのスパークが写り込んでいるからかもしれない
創造の現場は途中こそがおもしろいのだ
そんなことを常に考えている訳ではないのだが工事現場や工事用車両があると
反射的にカメラを向けてしまう
単に脳が子供なだけだったりして、、、
[PR]
c0194233_1173430.jpg

紫の野菜か?
[PR]
c0194233_1443041.jpg

[PR]
c0194233_23371985.jpg
c0194233_23374776.jpg

[PR]

c0194233_2315308.jpg

[PR]

c0194233_2063956.jpg

[PR]
←menuへ